うどんや団子など、小麦粉の美味しさを味わえる料理は沢山あります。だし汁やみそ汁と合わせて調理すれば、より小麦粉本来の風味が引き立つでしょう。小麦粉を鉄板で焼く料理で、食事にもおやつにもなるお好み焼きは、ソースやマヨネーズをたっぷりかけて食べる料理なので、小麦粉本来の美味しさだけではなく、色々な素材が複雑に絡み合って、美味しい料理として完成しています。料理はもちろん、小麦粉はスイーツでもたくさん使われています。例えば、九州地方の郷土料理の「いきなり団子」は、素朴な小麦粉本来の味が楽しめるお菓子です。

小麦粉を使っているお菓子は沢山ありますが、バターや砂糖を沢山使っていたり、バニラエッセンスやココアを混ぜたりと、色々な味が複雑に絡み合って、美味しいスイーツとして完成しています。市販のお菓子を見てみると小麦粉の味がするというよりも、濃厚なバターのコクだとか、シナモンやナッツの香りだとか、小麦粉以外の素材の特徴をアピールしている商品が多いでしょう。

小麦粉本来の香りや味わいを楽しめるスイーツといえば、最近流行りのパンケーキが挙げられます。パンケーキは色々なトッピングと相性が良いですが、パンケーキそのものの生地は、卵と牛乳、小麦粉というシンプルな材料で出来ています。最近流行りのパンケーキの専門店では、その材料にもこだわっているところが多く、しっかりした卵の風味や小麦粉の香ばしさなどが楽しめるでしょう。

小麦粉本来の自然の美味しさを味わうためには、シンプルで甘さ控えめなメニューがお勧めです。子どもの頃から家でよく作られていたパンケーキは、香料や砂糖がたっぷり添加されている市販のミックス粉を使っているケースが多いため、あまり小麦粉本来の味を味わうという意識はなかったかもしれません。そのため、専門店でパンケーキを食べた人は、小麦粉本来の美味しさについて新しい発見をしたような気持ちになれるでしょう。パンケーキの素朴な美味しさに気づいたら、ぜひ家でも小麦粉から材料を揃えて、お店で食べた味を研究して手作りしてみるのも楽しいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA